最近、とみに面白いと思った漫画を、好き勝手にご紹介するコーナー。

引っ張るのもダルいので端的かつ簡潔に。
『吼えろペン』と『ねじまきカギュー』という二つの作品ですね。
端的かつ簡潔を旨に述べると、滅法面白いです。この漫画達。

前者は炎の漫画家がアレコレする話。
後者は一組のカップルの恋物語。

うん、下手くそか。何も伝わらねぇ。

それでも言うなら、この二作品、メチャクチャ熱い話ということです。

前者は絵柄からして熱い。後者は、キャラクター達が熱い。
熱い――いや、生き生きしている、と言った方が良いかもしれません。

まぁ、叫ぶし、血潮が吹き出るし、勢いだけでどうにかしようとするし、

顔面が人間を辞めることもしょっちゅうだし、言ってる事がメチャクチャだったり、人でなしが跳梁跋扈したり、超展開だったり、女の子たちが可愛かったりで。

面白かったです。まる(小並感)。

こういう作品のようなキャラクターやイラストを描けるようになると、
きっともっと楽しいんでしょうね。

頑張ろう、と。
纏まってないですが、終わり。