西暦20××年、某県林内市岩室町。
そこの役場で臨時職員として働いている御厨は、一枚の履歴書を前に頭を抱えていた。
自らの後輩になるかも知れない人物のプロフィールがそこに記載されている、のだが……。

「年齢欄に『過去は振り返らない』とか書いちゃう人って……」

面積にしておおよそ六百キロメートル、総人口三万人程度。うち約半数以上が四十代オーバー、主な産業は農業といういわゆるありふれたごく一般的な田舎町。

そんな岩室町を舞台に繰り広げられる地球の命運を賭けた“ゲーム”に、林内市役場岩室支所の公務員達が異能の侵略秘密組織を相手取り、あくまで業務の一環として必死の戦いを挑む……?!

1話四部構成、一部につき一万二千文字(おおよそ)。全十三話。
※過去、投稿支援サイト『カクヨム』様にて投稿させていただいていた作品の微調整版です。

 

……という小説です。三番目に書いた長編で、当時カクヨム様のコンテストに投稿するために書きました。結果? えぇ、当然落選。

当然、なんて言うのは単純な面白さ以前の問題なんです。今、10月現在、なろう様に改めて投稿させて頂いている最中なのですが、一部一部推敲し直して投稿してるんですよ。

で、推敲……つまり修正するために読み直してるんですが、まぁ酷い。分かりづらいしそもそも読みづらい。話が入ってこないんですよ、原文のままだと。そりゃコンテストにも落ちるわけだ、と納得してます。

小説の内容については後日、改めて製作裏話でも書こうかな、なんて思ってます。書かないかもな、とも思ってますが。

当該作品へのリンク

上記URLは『小説家になろう』様に御提供頂いております。