最近、新しいモノに対する食指がどんどん伸びなくなっています。

例えばアニメやゲームとか、もう今期クールで何を放送しているのかほぼ知りませんし、何が流行っているのか、とかも全然分かりません。ぼんやりラノベ原作モノが多いような印象を受けますが、真実そうなのかを知りませんし、特に視聴してまで知りたい欲求も薄いですね。

ゲーム分野は、まずそういったスマホアプリを入れる気がありませんし、そもそもスマホをあまり弄りません。正直、物理コントローラーに慣れてると、タッチパネルがダルくて仕方ないのです。あと、有名な……というか、レビュー評価の高いゲームをいくつかプレイしてみたのですが、即飽きました。スタミナ制で連続プレイが不能とか、課金しないとまともなプレイが難しかったり、そもそもタダで出来ても時間が掛かりすぎるし、コストパフォーマンスが著しく低く感じて、馬鹿馬鹿しくてやってられなくなるんです。

これ、正直、恥ずかしくも作品を投稿している身としては、あまりよろしくない傾向だな、と自分でも思います。殊更、流行に迎合する気もないですが、まったく知らないというのは問題でしょうし。

では、今まったくアニメを観ないし、ゲームもしないのか、というとそれも違うわけで、古めのそれらばかりに日々、触れています。

最近では『フルメタルパニック』の第一期と『ガールズ&パンツァー』を通しで観ました。ゲームはどうしてか、プレステアーカイブスの『スーパーロボット大戦α』を始めようとしてます。

……なんだろ、これ。どんどん感性が風化してる気が。でも、どれも面白いわけで、止められない止まらない。

そういえば、ちょっと前に『音楽の趣味は三十代くらいまでで固定される』みたいなニュースが話題になってましたね。もしかしたら、そういう身体的、というか脳的な要素がそれらをさせてるのかもしれません。だとしたら、どうしようもないのかな、とか思わなくも無いです。

……とはいえ、昨今流行らしい俺ツエー系とか、未だに面白さがわからず、魅力も感じないため読む気も触れる気もしない、というのが本音です。

うっわ、オッサンの愚痴でももうちょっと中身ある感じの文章になってしまってる……。ま、ともかく。そういう感じの毎日です(投げっぱなし)。