『について』なんて大仰な見出しになっていますが、とくに“について”いうことはありません……、というのが正直な所でしょうか。

まぁ、いつものように、書いたのが昔過ぎてほとんど覚えてないという例によって例の如く、などうしようもないお話でございます。

とはいえ、それでも書くことがあるとするのならば、この作品はかなり本気で書いた話だ、ということです。なので、出来る限り会話を盛り込んでみたり、美少女とかわざわざ名言できるキャラを用意したり、さらに恋愛要素をメインに据えてみたりしたわけです。

あと、この作品から意識したのは、主人公に目的ないしは目標を持たせる、という物語の基本ですね。今まで完全アドリブだったので、どうにもそのあたりがぼんやりしたモノばかりだったのが、盛り上がりに欠ける一つの大きな要因だったのかな、と考えたわけです。

しかし結局、この作品、MF文庫J新人賞に投稿したのはいいのですが、結果は第一の審査すら通過できないという非常に残念な結果になったのです。

その時いただいた選評に『会話がよく考えられている』的なことを書いていただきました。が、これって別に褒め言葉でも何でもないんですよね。考えられてる、なんて言葉より『楽しめた、面白かった』という評価こそが欲しかったので、なんか頑張ってる感が出てしまっていたのかな、とこの部分にかなり凹みました。もちろん、即落ちという結果もまた、本気だった分、凹んだわけですが。総合評価も低い低い。普通に泣けました。

で、それから、一ヶ月二ヶ月、文章を打つ気がしないという無気力状態に。……まぁ、ソレが全てではなく、木の芽時という季節的な要素も強かったのかな、と。じゃなくても、毎年、春は個人的になにもしたくない状態に陥るのが常なので……。

ただ、こんな残念な結果しか出せなかったのは、やっぱりひとえに面白くなかったからだな、と今では冷静に分析できます。……分析できたところで、それを未だに活かせてないという残念さはいまだに克服できておらず、物語を創造する、というのは一筋縄ではいかないのだなぁ、なんてことを改めて教えてくれた作品だった、とまとめることが出来るような出来てないような。