八月の初めくらいから、ずっと小説を一日一話投稿してみているのですが、特にこれといった理由はありません。

始めは、たしかMF文庫Jの新人賞に落選した作品をこのまま廃棄するのももったいないから、というとても貧乏な理由だったのは覚えてます。たしか『Scratch Day’s』という作品がそれですね。

で、それからなんとなく一日一話を目安に投稿を続けているわけです。といっても、前述の作品以外は全部書き下ろしですね。特に新人賞にも応募してませんし、これからそれらを応募する気もありません。

こちらには明確な理由として、正直、どれも出来がイマイチだから、というこれまた貧しい理由がそれです。全力で書いたのですが、習作レベル。とてもじゃないですが売り物としては価値が出そうにないので、手慰みに投稿しているだけ、といったところでしょうか……。

それでも書き続けているのは、単純に数をこなさないと腕なんて上がらねぇよな、という個人的な思考からです。自分は天才じゃないですし、秀才でもありません。それでも続けることで、どうにかこうにかなんとかならないか、というなんとも泥臭い抵抗でしょうか。

とはいえ、いつまで続くことやら……。今のところ、かなりピンチな状態なので、いやはや……(´゚Д゚`;)