久しぶりのSD作品です。つまり自分としては息抜き、休養、箸休めという事になるのです。

……が、ただ、この時、すでに制作をSDにシフトするくらいでは間に合わないくらいの息切れを感じていて、実際、もうかなり制作行為を厭う気持ちが強かったと思います。原因はやはり、自分のかまってちゃん体質です。どう作ってもリアクションがないのでやる気というモノが枯渇したのだと思います。

小説の心の師である某先生は「他人に創作動機を求める者は長続きしない。他者からの否定、無反応で容易く筆を折るからだ」みたいなことを仰っていて、ソレは間違いなく自分も含まれてます。承認欲求とか完全無視して生きていけたのなら、きっと相当にストレスフリーな世界なんでしょうなぁ。他者を意識せずに生きていければ、と思わずにはいられません。

それはいいとして、この作品、もう場数はこなしているので、まぁ、悪くない出来なんじゃないでしょうか。無難、という言葉がよく似合う、平々凡々な作品です。きっとオリジナリティを出す余裕さえなかったのだろうなぁ、とか他人事にも思います。

名前の中の「FAP-B」とは、フルアーマープランBという意味です。

フルアーマーなんちゃらというのは元ネタがありまして、それはユニコーンガンダムという機体に、同系統の機体が使用している武装を全部載せしたら、みたいなif設定がありまして、ソレに乗っかった形ですね。たしかゲームか何かで実現したんでしたっけかね。よく知りませんけど。

この作品のベースとなっている『機動戦士νガンダム シャアの逆襲』という作品に出てくるνガンダムにソレを施したのがこの作品、ということになります。

ただ、改造のネタすら人に乗っかる感じであり、なるほどコレは疲れてるな、とここでも疲労を感じざるを得ません。

今思い出したのですが、これは確か当時登録してたインスタグラムに投稿したんです。えっと前のコレコレも。ほぼコレも反応がなかったのですが、どうしてかブロンド美人(プロフィールを信じるなら)にイイねをもらったという、ちょっとホッコリした思い出がありましたとさ。