4月6日は“ジムの日”という事で作った作品です。……とはいっても、きっと日本全国でこの日を知っている人は結構なガンダム好きしかいないでしょうね。おそらく、この日がこれ以上広く認知される日は来ないでしょうなぁ。

この作品、ゴッチャリしてますが、実は制作費が非常に安いです。何しろキット代金が0円、無料という破格さ。いやぁ、お得ですねぇ……とは呑気してられません。得る物があれば必ず失うモノは付きもの、等価交換は必ず行われる、というシビアな現実はなかなか覆りません。これもそうです。

失ったモノ、それは……愛。

別に急に頭が湧いたわけではなく、ソレは前からなのですが、そうではなく、この場合失われた愛とは作品愛です。

要するに昔に作った作品の塗装を落とし、バラして組み立てなおした後、再塗装した、という話です。

具体的にはここに掲載している戦隊ものっぽい彼らをブッバラしてリビルドしました。まさに外道。

とはいえ、出来上がってみるとなかなかイイ出来になったのではないか、とか自惚れてます。汚しも軽めにしたのでくどくなく、ほどよくリアル風味。

ただ、ちょっとゴチャゴチャしすぎたかな、と。ソレは昔からなのですが全部載せがジャスティス、とまでは言いませんが、どうせなら、とやり過ぎる所があるようです。引き算の改造も考えた方がいいと思いますね。今後の課題かもしれません。

今後もこのサイトに掲載している作品が生まれ変わるかもしれません。酷い話ですね。しかし、やれやれ、なんだろうエドワード・ゲインの生まれ変わりかしら。怖いわぁ。

あぁ、もちろん「type-K」の意味なんて知りません、覚えてないので。ホントもう、ホント……。