もうここまで来るとタガが外れた感がありますね。どこがガンプラ? と自分でも感じますし。

この作品は某ガンプラ投稿サイトのコンテスト用に作りました。

ただコレの前に制作して投稿した『BANSHEE TYPE-J』とは大分毛色の違う作品になってますが、おそらく「もうこうなりゃ好き勝手作ってやんよ!」とか半ば逆ギレ気味に作ったのだと思います。

そして、こちらのほうがリアクションが多いというこの世の無常を味わいました。結局、自分の思い入れとか好みとか思考とかはあまり当てにならないという事なのでしょうなぁ。

とはいえ、こういう作風が嫌いとかじゃないです。むしろ好きだからこそストッパーがあったような気がします。コレしだしたらガンプラと呼べないモノを作り始めそうだ、という恐れでもあったのかもしれません。

結果、それは半分正解でした。

たしかにガンプラとは呼べないモノを作り始めました。それが駄文、ということになるのでしょう。

でも立体制作物はというと、それほど逸脱したモノはあまり作っていません。まぁ、制作頻度が激減したのが直接の原因の気もしますが……。

関係ないですが、投稿サイトであるユーザーさんに「『Gジェネ(有名ガンダムゲーム)』より好き」と言われたのはイイ思い出です。

何故比較対象にゲームを引っ張り出してこられたのか、という謎は未だに胸に未解決のまま残ってますけど。

使用キットは積んだ(キットを使用しないで長期間放置すること)ままだった忌まわしきSDの新シリーズのユニコーンガンダム、輪っか部分はスカルピーで制作しました。

ユニコーンガンダムが登場する『機動戦士ガンダムUC』でラプラスがどうの、という話が展開するので、ラプラス繋がりで“ラプラスの魔”を表現した作品にしたのだと思います。