どうやら、またぞろガンプラ投稿サイトのコンテスト用に作った作品のようですね。あまり記憶してませんが。

制作コンセプトはシンプルにカッコイイと言えるモノ、だったようです。そのため、もともと自分が格好良く感じる『機動戦士ガンダムUC』バンシィをベースに、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』グリムゲルデ、『機動戦士ガンダムZZ』ドーベンウルフを組み合わせるという贅沢品。

造形も脚を物理的に伸ばしてみたり、バックパックを加工したり、プラ板を貼り付けてディティールアップしてみたり……。とにかく、久しぶりに本気を出した作品だったはずです。

ですが、コンテストでは鳴かず飛ばず。当時入り浸っていたSNSでもほぼノーリアクション。やる気を込めに込めた分、凹んだのは覚えてます。

どうも、空回りな感じですし、その空回りがどんどんと自分から創作熱を奪っていったのでしょう。少なくとも「何くそ!」などとは全く思わなかったのは確かです。

人に期待を掛けるとただ疲れるんだなぁ、という経験則はこういう所から来てるんでしょうね。おそらく期待過多なのだと思います。ぼっちはコレだから……。

今でもその傾向がありますね。じゃないとこんなサイト、管理するはずがありませんし。やれやれ。

あぁ、例によって「type-J」の意味は忘れてます。どういう意味だったんだろ。色々とサッパリですね。