2016年に作った、力を込めた記憶のある作品をまとめてみました。

『RSD (`ハ´)アイヤーユニコーン』

初めて「RSD」とよばれる作風にチャレンジした作品です。 といっても、ネットで見つけた他者様の作品の劣化コピーでしかないんですけど。なので「アイヤー」。中華風ってことですね。深い意味は特にありませんが。ちなみにRSDとは「リアルスーパーディフォルメ」って意味だと個人的にはそう解釈してます。違ってても責任は取りませんが。

『流星号 ver-E』

比較的新しいアニメーション『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』という作品に登場する機体です。作中のパイロットが好き放題改造したら~、みたいなif機体ですね。if設定が好きすぎる。たしか、初めてラップ塗装なる塗装方法を試した作品です。いいんですけど、このあたりから調子に乗ってきた感が強くなってます。自惚れるな。

『サーシェス専用ガンダムエクシア type-I』

手抜きに作った「サーシェス専用ガンダムエクシア」を本気で作ってみたくなったので完成させた作品です。こういう刃物が沢山ついた系の作風は未だに好きですね。ただ、一色で塗ったのでかなりのっぺりした作品になってしまいました。さらにナイフがポロリしまくって撮影にも苦労したようです。あと、どうでもいいんですが「type-?」の意味を大半忘れてます。これもそうです。メモっとけよ、ホント。

『RSD ケンプファー type-F』

これもRSDですね。いつか購入したジャンクの中にSDケンプファーがあったので、それを活用してみた作品です。これは某ラノベのヒロイン風にしてみたのだと記憶してます。なので「type-F」のFはFLASH、閃光です。とはいえ、それほど好きなヒロイン、って訳でもないんですが。一応レイピアも作りましたがお粗末すぎる黒歴史。ゴメン剣業主婦さん。

『ガンダムFR type-N』

これも新し目のガンダム作品『ガンダムビルドファイターズ』に出てくる機体です。某SNSで仲良くさせて頂いている方とガンプラ交換をすることになりまして、そのために作った作品でした。……が、この画像の撮影後、どうしてか意図しない形で物凄く汚くなってしまって、しかも破損。結局、これを贈ることはありませんでした。あらら。

『グレイズ・マスティマ』

この作品も『鉄血のオルフェンズ』にでてくる機体をベースにしたものですね。オルフェンズのキットは組み合わせが容易で、しかもオプションパーツも豊富に用意されているのでカスタマイズが楽しいです。しかも他の作品のキットよりも安価、という自分のような財布が軽めのユーザーに優しいガンプラです。こうしていろんなキットを組み合わせる手法を「ミキシング」というのですが、多数のキットが必要なのでコスパは悪いです。楽しいですけど。ちなみにコレは蛇紋塗装という塗装方法です。かなり荒いですね。はぁ。

こんな所ですかね。

うん、今見返しても案外悪くない、と図に乗れる程度に面白いのが揃ってるような気がします。

ただ、これだけ作ってると置き場に困ってしまい、彼らの大半は放置、ホコリまみれ、遺棄というさんざんな末路を辿ってるのは、ガンプラ神にはナイショだよ?