ご覧の通り、かなりの異色作ですね。コレ、ガンプラか? というと自分でもどうなんだ、と思わずにはいられません。どうなんだ。

『七つの大罪』という大人気漫画作品に出てくるホークという豚くんを飛ばしてみたい、というただそれだけのために作った作品です。このピンクの丸いのが、当のホークくんです。大人気の残飯処理騎士団団長さまであらせられますお方です。平伏。

制作自体の話をしますと、当時、主要工作遊びをガンプラからスカルピーという粘土細工に移行しつつあり、その流れで作ったように記憶してます。

なので、豚くんはそのスカルピーで作りました。使いやすいし自由度も高い。その上、値段も高めの3K粘土です。モテそうだ。

それはともかく、こういう複合型の作品は作ってて面白かったです。この後もこの方向にシフトするかなぁ、なんて思ってましたが、そんな事はありませんでした。結局、現時点での一番の大物はこの豚くんが暫定王者。きっと今後も数年は不動かもしれません。

どうしてコレを作ろうかと思ったのか、というと、その『七つの大罪』の作者であらせられる鈴木央先生が当時療養に入られた、と耳にしたのでエールとして作ったのは覚えてます。

Twitterの力で届かないかな、なんて思ってましたが届きませんでした。ぼっちの現実、まさにマンパワーの不足、と言った所でしょうか。しょぼん。

ちなみに2018年一月現在、アニメーション作品として『七つの大罪』は第二期を放送してます。大人気なのは良いですし楽しみです。ただ、原作、まだ完結してないのが気がかりなんですけどどこまでやるのかなぁ、なんて。一ユーザーとして尻切れトンボにならないことを祈ります。いや、マジどうすんだろ。ほんと。