2017年10月5日の出来事、というか実際は九月の中頃のことですかね。

予約開始日に巷で話題らしい『ニンテンドークラシックミニスーパーファミコン』を予約するためにあちこちのサイトやら店舗に電話を掛けまくったのです。

まぁ、当然ながらどこにも在庫など無く、こりゃ抽選予約に賭けるしかないな、なんて諦め気味に考えていたのには理由がありまして。

忘れてたんですね、単純に。その日が予約開始日である事は朝食を食べながらボケッと知ってはいたのですけど、ボケッとしたまま忘れてしまってまして、気がついたのは11時の段階です。遅きに失したわけでスタートダッシュ大失敗というわけでした。

とはいえ諦めきれず電話を掛けたのが地元のレンタルショップ。ねぇだろうな、とか思ってると普通に予約可能だという返事と、あと10台分しかない現状報告。とはいえ渡りに船とはこの事で、しかもこの日、家族がたまたま休日で家にいたのもまた暁光でした。

自分は運転をしない人間で、レンタルショップの店員は「来店しないと予約させねぇよ?」などと言ってくるので何とか家族を口説き落として、家から車で一時間半近くかけて道路をぶっ飛ばしてもらって店に向かいました。

結果は画像の通りです。

ネットニュースとかでクソのような転売屋共が三万超えの値段を購買希望者にふっかけてるらしいのを見て怒りと共に安心やらを覚えたのは正直な人間心理です。

ついでに昨日は出掛ける用事もあったので発売日に手に入れることが出来ました。

製品自体のレビューはしません。詳細な評価はもっと頭の良い方に任せます。自分はそれではないので、期待はされないでしょうが、念のため。

ただ一言言うなら、っていうか言ってもらうなら

「スバル君、小さいです!」

って所でしょうか。