この一つ前に作ったダブルOセブンソードで塗装の楽しさに目覚めたため、更に調子に乗って今度はミキシング(複数のキットを組み合わせてオリジナルの作品に仕立て上げる改造方法)に挑戦した作品ですね。

初めてのミキシングではあったのですが、制作プラン自体はかなり昔、それこそ学生時代に思いついた改造案です。

キット自体も思いついた当時に購入し、いつか環境が整ったら必ずコイツを生み出す、と決めていました。

ちなみに当時に買っていなかったらキットはもう手に入ることはなかったでしょうから、英断だったと自惚れます。

それから幾星霜が経ち、ようやく本当に作ることが出来た時は喜びもひとしおだったと記憶してます。

塗装は、前回のダブル0の時の吹き戻しの悲劇を繰り返さないために自作塗装ブースを改造し排気能力を向上させ、前回の失敗はスプレーの勢いが強かった可能性も考慮し、一念発起してエアブラシ(塗装用の専用機械。綺麗に塗れる上に自由度が高いため模型好きには必須という意見もあります。安価な物もありますがだいたい高価)を購入。

つまりエアブラシを用いた最初の作品、ということにもなります。

身の程知らずにも白を選択したため苦戦したかと思いきや、下地が暗かったためそれほど透けることなく案外と綺麗に塗れてしまい、その後の白との抗争を考えると意外なほどアッサリと完成しました。

 こうして考えると、最初の三作品が連続して満足のいく出来だったことが、より深くガンプラにはまってしまう原因になったのでしょう。

幸か不幸かは知りませんが……。

ミキシングも初めて行った割にはイメージ通りに作れて楽しかったと思います。

とはいえ、道具が全然そろってなかったのでそれなりに苦戦したような……。

写真の撮り方もこなれてきて我ながらちょっとむかつきますね。

とはいえモノアイのカラーが暗くてあんまり目立たない所は未熟な感じです。

それに画像もやっぱり地味な感じがします。躍動感がないな、うん。

もう人に見せることもないので告白しますが、この機体の左側にあるお盆みたいなのはシールドで、オリジナルデカールのジオンマークが張られているんですけど、

それは大失敗してかなり悲惨な状態なので、左側は決して写さないような写真の構図になっています。

皆にはナイショだよ★